講演会・イベント情報 

東部地区 チル²ミチル ミニ講演会のお知らせ

「発達障がいの人のコントロール感情のコントロール~思春期・青年期を中心に~」

発達障がいの人の中には想定外のことに対応できず、急に泣いたり騒いだり感情のコントロールがうまくいかない場合があります。ストレスやイライラは誰にでもあることです。この感情をなくすことはできませんが、上手に付き合う方法はあると思います。日々穏やかに暮らしていけるよう考えてみませんか…。
関心のある方みなさんお誘いあわせの上ご参加ください。

講師 植田 俊幸先生 (鳥取県精神保健福祉センター医長・精神科医)
日時 10月28日(日) 10時~12時
会場 さわやか会館 3階 多目的室 (鳥取市富安2丁目96)
参加 無料 
定員 50名
席に限りがありますので、10月22日(月)までに下記協会事務局までにメールかFAXでお申込みください。(※定員になり次第締め切ります。)

詳しくはこちらをご覧下さい→ チラシPDF

お申込み・お問い合わせ
鳥取市瓦町601番地
NPO法人鳥取県自閉症協会

TEL 0857-30-2776
FAX 0857-30-2785
Email asj-tottori@trad.ocn.ne.jp

第25回全国大会(広島大会)ご参加のお願い

第25回日本自閉症協会全国大会(広島大会)ご参加のお願い
~広島への思いを参加で伝えよう~

来る9月15日、16日に、当協会全国大会(広島大会)が開催されます。
2年に一度の機会でもあり、今回の豪雨被災地でもある広島をご一緒に応援していく気持ちをもって、あらためて皆様にご参加をお願いいたしたく、市川会長よりメッセージがございます。  一般社団法人日本自閉症協会 市川会長メッセージPDF

詳細、お申込みについてはこちらをご覧下さい→第25回日本自閉症協会全国大会(広島大会)

第25回日本自閉症協会全国大会(広島大会)
第51回全国情緒障害教育研究協議会広島大会

日時:2018年9月15日(土)・16日(日)
会場:JMSアステールプラザ 大ホール・市民ギャラリーほか
大会スローガン:「つながろうやわかりあおうや 平和のまち広島じゃけぇ」
■プログラム(予定)
【1日目】13:00〜17:45
○開会アトラクション
○開会式
○記念講演
「わかりあうこと。違うことへのリスペクト(仮)」
講師:為末 大 氏(元陸上選手・広島市出身)
○シンポジウム1
「楽しめる“療育”をめざして。 〜自閉症特性を伸ばす子育て〜」
座長:内山 登紀夫
●18:30〜 懇親会(広島市文化交流会館)
【2日目】9:20〜16:00(開場9:00)
○シンポジウム2
「楽しさのある“学校”へ。 〜毎日笑顔で過ごせる学校〜」
座長:井上 雅彦
●ランチタイムセッション
○シンポジウム3
「楽しく生きる“地域”で。 〜ひとりひとりが大切〜」
座長:志賀 利一

詳しくはこちらをご覧下さい→第25回日本自閉症協会全国大会(広島大会)

 

9月 日本自閉症協会全国大会・全国情緒障害教育研究協議会(広島大会)のご案内

第25回日本自閉症協会全国大会(広島大会)
第51回全国情緒障害教育研究協議会広島大会

日時︓2018年9月15日(土)・16日(日)
会場︓JMSアステールプラザ 大ホール・市民ギャラリーほか
大会スローガン︓「つながろうやわかりあおうや 平和のまち広島じゃけぇ」

■プログラム(予定)
【1日目】13:00~17:45
○開会アトラクション
○開会式
○記念講演
「わかりあうこと。違うことへのリスペクト(仮)」
講師:為末 大 氏(元陸上選手・広島市出身)
○シンポジウム1
「楽しめる“療育”をめざして。 ~自閉症特性を伸ばす子育て~」
座長:内山 登紀夫
●18:30~ 懇親会(広島市文化交流会館)
【2日目】9:20~16:00(開場9:00)
○シンポジウム2
「楽しさのある“学校”へ。 ~毎日笑顔で過ごせる学校~」
座長:井上 雅彦
●ランチタイムセッション
○シンポジウム3
「楽しく生きる“地域”で。 ~ひとりひとりが大切~」
座長:志賀 利一

詳しくはこちらをご覧下さい→広島自閉症協会

世界自閉症啓発デー県内イベントのご案内

毎年4月2日は、国連が定めた「世界自閉症啓発デー」
毎年4月2日から8日は「発達障害啓発週間」

2007年の国連総会にて、毎年4月2日を「世界自閉症啓発デー」と定め、すべての国、政府と人々に、「自閉症の周知と支援」を求める決議が採択されました。世界の国々で、全国各地で、当事者の想いを込めたイベントが開催されます。
鳥取でも、各機関のご協力をいただいて啓発デーの催しを計画しています。

2018鳥取県内では… 県内イベントのご案内PDF
書店での啓発 今井書店︓吉成店(鳥取市)、倉吉店(倉吉市)、本の学校(米子市)
        宮脇書店︓鳥取店(鳥取市・イオン北店内)
県庁での啓発 県庁前 電光掲示板での掲示 (3/9~4/9)
        県庁ロビーにポスター展示、のぼり設置
鳥取駅北口 ケヤキ広場での啓発 横断幕の設置(4/1~4/7)
地域の公共施設での啓発 公民館、医院、郵便局などでポスター掲示

みなさまのご理解とご協力をお願いいたします。

世界自閉症啓発デー2018・啓発イベントのご案内


☆毎年4月2日は国連が定めた「世界自閉症啓発デー」
☆毎年4月2日から8日は「発達障害啓発週間」
 2007年の国連総会にて、毎年4月2日を「世界自閉症啓発デー」と定め、すべての国、政府と人々に、「自閉症の周知と支援」を求める決議が採択されました。世界の国々で、全国各地で、当事者の想いを込めたイベントが開催されます。
 ※詳しくは世界自閉症啓発デー公式サイトをご覧下さい。
 http://www.worldautismawarenessday.jp/

 2018年、鳥取県でも、各機関のご協力をいただいて啓発デーの催しを計画しています。
鳥取県内では・・・
(Ⅰ)図書館での啓発 3月中旬~4月下旬 県立、各地区図書館にて展示
(Ⅱ)書店での啓発 今井書店様のご協力により、のぼり旗の設置、ポスター掲示
(Ⅲ)地域の公共施設での啓発 公民館、医院、郵便局などでポスター掲示

東部地区 チル²ミチル・定例会・幼児小学生部会ミニ講演会のお知らせ

「レジリエンス」という言葉を知っていますか?発達障がいの人たちは何かとストレスを感じることが多いですね。そんな時でも大丈夫!また次のことに向かえる立ち直り力「レジリエンス」を育てていくためのお話しです。みなさんお誘いあわせの上ご参加ください。

テーマ:「発達障がいの人のレジリエンス(立ち直り力)を育てる」
日 時:平成29年11月12日(日)10時~12時
会 場:鳥取県立福祉人材研修センター 第2小研修室
講 師:井口妙子氏(倉吉市福祉保健部子ども家庭課)
定 員:50名
参加費は無料です。席に限りがありますので11月6日(月)までに下記事務局まで、氏名・所属・連絡先を明記の上FAXかメールで参加申し込みお願いします。なお、定員になり次第締め切りとさせていただきます。

11月12日ミニ講演会チラシ
チル²ミチルFacebook  https://www.facebook.com/aoitori02/

4月9日 発達障がいのピアニスト・ピアノリサイタル

平成29年度 世界自閉症啓発デー及び発達障がい啓発週間 記念講演
ピアノのリサイタル~心の音を奏でる~  【主催:鳥取県】

発達障がいのピアニスト 野田あすか さん

講演 「あなたはあなたのままでいい」
~発達障がいの娘との30年~
母:野田京子さん

○日時:平成29年4月9日(日)10時~11時30分(9時30分より受付)
○会場:米子コンベンションセンター多目的ホール(米子市末広町294)
○参加料:無料
○申込み:不要 ※手話通訳、要約筆記を行います。

〈問い合わせ先〉鳥取県子ども発達支援課

4月2日仁風閣ブルーライトアップ 鳥取初です!

平成29年度 世界自閉症啓発デー及び発達障がい啓発週間 記念イベント
仁風閣ブルーライトアップ 【主催:鳥取県】

4月2日は、世界自閉症啓発デーです。
鳥取県では、仁風閣がブルーになります!

○日時:平成29年4月2日(日)19時~21時
(19時~点灯式、19時30分頃~ブルーライトアップ)
○会場:仁風閣南側広場(鳥取市東町2丁目121)
○参加料:無料
○申込み:不要
※手話通訳を行います。

〈問い合わせ先〉
鳥取県子ども発達支援課

 

世界自閉症啓発デー県内イベントのご案内

毎年4月2日は、国連が定めた「世界自閉症啓発デー」
毎年4月2日から8日は「発達障害啓発週間」

2007年の国連総会にて、毎年4月2日を「世界自閉症啓発デー」と定め、すべての国、政府と人々に、「自閉症の周知と支援」を求める決議が採択されました。世界の国々で、全国各地で、当事者の想いを込めたイベントが開催されます。
鳥取でも、各機関のご協力をいただいて啓発デーの催しを計画しています。

鳥取県内では… 県内イベントのご案内PDF
                       三つ折りパンフレットPDF
(Ⅰ)図書館での啓発 3月中旬~4月下旬 県立、各地区図書館にて展示 (Ⅱ)書店での啓発 4月上旬からミニブックフェアー開催予定   今井書店様のご協力により、 吉成店(鳥取市)、倉吉店(倉吉市)、本の学校(米子市)の各店で開催 (Ⅲ)地域の公共施設での啓発 公民館、医院、郵便局などでポスター掲示

みなさまのご理解とご協力をお願いいたします。

毎年4月2日は、国連が定めた「世界自閉症啓発デー」

毎年4月2日は、国連が定めた「世界自閉症啓発デー」
毎年4月2日から8日は「発達障害啓発週間」

☆「世界自閉症啓発デー」「発達障害啓発週間」とは?
毎年4月2日は国連が定める「世界自閉症啓発デー」です。
2007年12月18日の国連総会において、毎年4月2日を「世界自閉症啓発デー」(World Autism Awareness)とすることが決議され、世界各国において自閉症に関する啓発の取り組みが行われています。

※詳しくは世界自閉症啓発デー公式サイトをご覧下さい→
 世界自閉症啓発デー日本実行委員公式サイト 
 日本自閉症協会・世界自閉症啓発デー

また、国内では4月2日~8日を「発達障害啓発週間」とし、「自閉症」をはじめとした、「発達障害」について、発達障がいのある人とその家族への理解と支援の輪が広がるよう、各種のイベント等を展開します。

鳥取でも、各機関のご協力をいただいて啓発デーの催しを計画しています。

鳥取県内では…県内イベントのご案内PDF
三つ折りパンフレットPDF
(Ⅰ)図書館での啓発 3月中旬~4月下旬 県立、各地区図書館にて展示
(Ⅱ)書店での啓発 4月上旬からミニブックフェアー開催予定
今井書店様のご協力により、 吉成店(鳥取市)、倉吉店(倉吉市)、
本の学校(米子市)の各店で開催
(Ⅲ)地域の公共施設での啓発 公民館、医院、郵便局などでポスター掲示

みなさまのご理解とご協力をお願いいたします。

平成28年度「特別な支援を必要とする子どもたちの明日を語る会」のご案内

今年度の「特別な支援を必要とする子どもたちの明日を語る会」の案内が届きましたので お知らせします。 皆様、お誘いあわせの上ご参加下さい。

日時・会場
<東部会場>
日時:平成28年7月5日(火) 午前10時~正午
会場:鳥取県教育センター  大研修室他(鳥取市湖山町北5丁目210)

<中部会場>
日時:平成28年7月15日(金) 午前10時~正午
会場:中部総合事務所 201 会議室他(倉吉市東巌城町2)

<西部会場>
日時:平成28年7月12日(火) 午前10時~正午
会場:西部総合事務所 講堂他(米子市糀町1丁目160)

主な内容
(1)全体会  特別な支援を必要とする子どもたちの教育・福祉に関する事業説明等
(2)分科会による意見交換
<第1分科会> 幼児教育・保育及び学校教育(小・中・高等学校)に関すること
<第2分科会> 特別支援学校の教育に関すること
<第3分科会> 就労や地域生活の充実に関すること

参加者      保護者をはじめとする県民の方(事前申し込みは不要です)

<HP参照先>
鳥取県福祉保健部子育て王国推進局子ども発達支援課
鳥取県教育委員会事務局特別支援教育課

7月16日~17日「日本自閉症協会第24回全国大会inながの」のご案内 

日 程:2016年7月16日(土)~17日(日)
場 所:ホクト文化ホール(長野県県民文化会館)JR長野駅東口より徒歩約15分
スローガン:自閉症スぺクトラムの麓から頂へ ~ 夏の冒険in NAGANO ~

< 7月16日(土)>
基調シンポジウム  『愛すべき「マニア」』
コーディネーター:本田秀夫氏
(精神科医・医学博士、日本自閉症協会理事、
信州大学医学部附属病院子どものこころ診療部診療教授)
シンポジスト:ライフスキルマニア:村上由美氏
ものづくりマニア:菊地啓子氏
鉄道マニア:内山登紀夫氏
??マニア:下沢順一郎氏

< 7月17日(日)>
シンポジウム1
「知的障害を伴う自閉症スペクトラムの支援~強度行動障害を中心に~」
司会:市川宏伸氏(日本自閉症協会会長)
シンポジスト:日詰正文氏(厚生労働省発達障害対策専門官)
:田中正博氏(全国手をつなぐ育成会連合会総括)
:志賀利一氏(独立行政法人国立重度知的障害者総合施設
のぞみの園事業企画局研究部部長)
:岸田隆氏(長野県長野圏域発達障がいサポート・マネージャー)

シンポジウム2
「知的障害を伴わない自閉症スペクトラムの支援~教育の視点から~」
司会:岡田稔久氏(日本自閉症協会副会長)
シンポジスト:内山登紀夫氏(大正大学教授・よこはま発達クリニック院長)
:田中裕一氏(文科省特別支援教育調査官)
:品川裕香氏(教育ジャーナリスト・編集者)
:永松裕希氏(信州大学教育学部特別支援教育教授)

詳しくはこちらをごらん下さい→ 「日本自閉症協会第24回全国大会inながの」